防災センターで学びました!

皆さんこんにちは!

最近は少し涼しくなり、過ごしやすくなってきましたねpig

季節の変わり目に風邪をひかないように気を付けていきましょうねsuncloudrain

9月1日(土)に就労移行・自立訓練合同で外出訓練を行いました

外出先は百道浜にある『福岡市民防災センター』です!

バス・電車を使って移動し、乗換場である天神のジョイフルで昼食を頂きました

いつもとは違うバス停・駅でしたが、

皆さんしっかりと乗車料金の支払いを行うことが出来ましたfuji

昼食では、予算を超えないように自分で好きなメニューを選び、注文会計も全て自分たちの力で行いました!

さて・・・

皆さん、なぜ私たちが9月1日に防災センターに行ったか分かる方はいますか?

今から95年前の1923年(大正12年)の9月1日

関東大震災が起りました

死者・行方不明者 105,385人

家屋全壊 109,713人

焼失家屋 212,353人

多くの犠牲が生まれました

関東大震災の悲惨さを

そして、失われた多くの命を忘れないために

関東大震災のあった9月1日を『防災の日』と定めて

各所で防災訓練が行われるようになりました

このような理由もあり、私たちも災害に直面した際にどう対応すればよいか

学ぶために防災センターに向かいました

最初に行ったのは、『消火』体験です

消火器を使って火事の火元であるゴミ箱の消火を行いました

係員さんの説明をよく聞いて、火の根本を狙い撃ち!!

次に『暴風』体験を行いました

最大風速32mの風がふく室内で手摺に必死にしがみつき

飛ばされないように踏ん張りましたpunch

その次は『火災現場からの脱出』を体験しました

白色の非常口マークは<非常口までの通路・経路>を示していて

緑色の非常口マークは<非常口の場所>を示しています

係員さんの『布で口と鼻を押さえる』『姿勢を低くする』『マークを確認する』

をしっかりと守ることが出来ました

他にも、水害に遭った場合に取るべき行動のムービーを見たり

体験コーナを活用した脱出体験やクイズなども行いました

今日1日で防災について多くのことを実際に体験することで学ぶことが出来ましたshineshine