平成最後の年(2019年)の抱負

猪年の今年、「猪突猛進」・・周囲のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。

まさに、今年の板屋学園は「猪突猛進」で突き進まなければならない。

これは、新板屋学園の建設工事が、土地の造成から建物の建築へとむかい、来年の3月には竣工しなくてはならない。もう、1年と少ししか時間がない、このためである。

まだまだ、建築設計・入札・借入金・補助金・引っ越し・現建物のことなどなど職員一丸に「猪突猛進」で行こう。

平成もあと9か月しかない平成最後の大事業をやり遂げる。

このために、地域の方・地元の企業の方そして利用者を取り巻く関係者など一致団結して、事業を成功させ、利用者が今以上に充実した生活が送れるように支援したいと思う。

「平成」から何に代わるのだろう、年号も気になるが天皇陛下が交代し、皇太子の浩宮様が天皇になられる、このことがすごいと思う。

私と同じ年(59歳)での天皇陛下、国の象徴である。

私も早く共栄福祉会の象徴と言われるように努力していく。

                     板屋学園 園長 椎葉亮

事業所紹介

板屋学園
〒811-1113
福岡市早良区板屋359-1

TEL:092-804-7677
FAX:092-804-7678

URL:http://www.kyoei-f.or.jp/index.html
eMail: -

(営)9:00~18:00
(休)日・祝日


カテゴリ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31