感染症予防をしよう

今回は、インフルエンザの予防についてお話いたします。感染予防には、流行前のワクチン接種が有効とされています。接種すれば罹らないというものではありませんが、接種により、発症しにくい・重症化の予防に一定の効果があるとされています。

今季のワクチンは、これまでのA型2種・B型1種の3種類ウイルスにB型1種が加わり、4種類に増えています。ワクチン接種は、流行する前の12月上旬までに済ませた方が効果的です。予防接種以外の対策は、マスクを着用し(人混みへの外出時は必ず)鼻・口腔粘膜を保湿する事や1番効果的な方法は、うがい・手洗いです。

ウイルスは、消毒用アルコール使用で消毒効果があります。

室内は、加湿し乾燥を防ぐ・十分な水分・栄養・休養をとる事は、この時期に限らず感染予防の基本です。ワクチンを接種していると、発症した場合に37℃程度の熱・何となくだるい位の症状が出る事があります。体調の異変に気づいたら、早目の受診・休養を心がけましょう。

事業所紹介

板屋学園
〒811-1113
福岡市早良区板屋359-1

TEL:092-804-7677
FAX:092-804-7678

URL:http://www.kyoei-f.or.jp/index.html
eMail: -

(営)9:00~18:00
(休)日・祝日


カテゴリ

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31