陶芸の最近のブログ記事

陶芸班の気象予報士

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

昨年8月、鹿児島県にて「手をつなぐ育成会九州大会」が行われ、その中で「本人の声を聴く会」が行われました。

ひまわり園からは陶芸班の森田さんが代表として参加しました。


今回のテーマは将来の夢について。森田さんの夢は「気象予報士になること」、毎日テレビや新聞で天気予報を見るのを楽しみにされているそうです。気象予報士になって毎日の天気や大きな災害を伝えたい、とスピーチしました。


 その後...せっかく夢を発表したのに、これで終わらせてしまってはもったいないと、陶芸班では考えました。

 

そこで、保護者会の方からもアドバイスを頂いて、毎朝の朝礼時に森田さんに天気予報をしてもらうことにしました!


森田さんもノリノリで、もちろんOK!

 

今ではすっかり定着しています。

P1060835_R.JPG

今日の天気、最高気温、さらには午前午後の降水確率も伝えます。


他の皆さんも「今日はこんなに寒いのかー!」「今日の午後は雨!」と感想を口ぐちに言い合っています。

森田さんは毎日の天気予報について、「楽しいです!!」、と一言。

毎日朝刊で天気をチェックしてくるのだとか。


これからも陶芸班の気象予報士としてがんばってほしいものです。

夏の新商品~涼しさを呼び込む風鈴~

段々と暑さを感じる毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今年の夏は節電!今年は計画停電の可能性もあり、節電が呼びかけられています。限られた電力、大事に使いたいものです。

 

そんな節電の夏に!暑い夏を気持ちよく過ごせるために、ひまわり園の陶芸班「夢創作(むぞうさ)」は、新しく風鈴を作りました!

P1050795_R.JPG
P1050807_R.JPG


この風鈴!釉薬は白や青、緑など、爽やかな色を使用!夏だけでなくオールシーズン使っても、飽きのこない作りに仕上がっています!

 

遊び心のある外観は、世界で一つしかないオンリーワンの佇まい!手作りのぬくもりは、お店で買うのとは一味違った魅力があります!

 

風鈴の要、短冊には和紙を使用!和風な雰囲気でおしゃれ度アップ!

 

陶芸班「夢創作」で作った風鈴は、ひまわり園で行われる販売や、福祉施設の販売、地域の夏祭りなどで販売予定です。

 

また、ひまわり園でもたくさん用意しておりますので、是非一度ご覧下さい。


P1050816_R.JPG

手びねりの魅力

 

今回は、手びねりの器ができるまでを紹介します。手びねりとは、手回しろくろなどの道具を使って作るものをいいます。形がいびつだったり、整った形ではなかったりしますが、それが味となり、魅力になると思います。

今日は、そんな手びねりの器の魅力を伝えたいと思います。

 

 

 

これは湯のみを作っています。厚みのバランスに気をつけながら丁寧に作っていきます。

 

P1030796.jpg  

 

 

 

 

基本の形づくりができました。これから職員と一緒に仕上げをします。

 

P1030746.jpg  

 

 

 

 

こちらは粘土を伸ばし、お皿を作っています。まんべんなく伸ばす様に力をこめて。

 

 P1030750.jpg  

 

 

 

 

形を整えれば完成!

 

  P1030789.jpg  

 

 

 

 

 

 

完成したら器を乾燥させ、素焼き窯に入れて焼き固めます。

 

こちらが素焼き窯。長年使っているので、大分年季入ってます...

 

 

P1030726.jpg  

 

 

 

 

 

 

素焼きが終わった状態です。茶色の粘土を使っていますが、焼き締まると赤色になります。

釉薬をかけ、いよいよ本焼きへ。

 

P1030793.jpgのサムネール画像  

 

 

 

 

 

 

こちらが本焼きをする窯です。今年度より電気窯を導入しました。

かなりの高温で焼成します。

 

P1030837.jpgのサムネール画像  

 

 

 

できあがりました!今回も無事に焼きあがりました。

 

P1030801.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

P1030802.jpgのサムネール画像

 

夢造作の器、試してみてください。

 

1つの器ができるまで

こんにちは。ひまわり園の陶芸班「夢創作」です。私たちは毎日楽しく陶芸作業に取り組んでいます。

 

 

 

今回は陶芸班の1つの器ができるまで、を紹介したいと思います。

 

 

 

 

  P1020537.jpg

まずは粘土の再生から。みんなで粘土を土練機にかけて、空気がしっかり抜けた粘土を作ります。

 

 

P1020541.jpg

これができあがりの粘土です。 

 

 

 

P1020551.jpg

次はうつわ作りです。まずは粘土を丸めます。

 

 

 

P1020552.jpg

丸めた粘土をろくろの上に伸ばし、土台を作ります。 

 

 

  P1020554.jpg  

 次に、粘土をひも状に伸ばして、どんどん重ねていきます。

 

 

 

 

  

P1020561.jpg 

さらにどんどん重ねていきます。 

 

 

 

 P1020547.jpg

重ね終わったら今度は道具を使って、大きさやかたちを調整します。

集中!集中!

 

 

 

 

P1020542.jpg

 最後にうつわの口元をなめらかにしたらできあがり!

 

 

 

 P1020631.jpg

この後、高台をつけ、素焼き、本焼きをしたら、うつわの出来上がりです。

 

 

一つひとつ、手づくりのおもいを込めて。

 

 

「夢創作」で作った器は、ひまわり園ではもちろん、ときめきショップありがた屋や福祉施設等での販売にてもお買い求め頂けます。詳しくはひまわり園までご連絡ください。 (092)883-0432  

 

 

 

事業所紹介

ひまわり園
〒819-0006
福岡市西区姪浜駅南4-10-13

TEL:092-882-0432
FAX:092-885-3860

URL:http://www.fiku.jp
eMail: en@fiku.jp

(営)8:45~17:15
(休)土・日・祝日


2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31